うなぎ

今年の「土用の丑の日」は7月27日(金)です。

土用の丑の日には、うなぎを食べる習慣があります。

しかし、近頃のうなぎの価格は高騰を続けていますので

懐具合と相談してから食べたいところです。


土用の丑の日にうなぎを食べる習慣の由来には諸説あるそうですが

最もよく知られているのが、平賀源内が発案したという説です。

このことは「明和誌」に収められており、これによると

ウナギ屋が夏に売れないウナギを売るために平賀源内に相談したところ

「丑の日に『う』の字が付くものを食べると夏負けしない」という民間伝承から

ヒントを得て「本日丑の日」と書いて店先に貼っておくことを勧められた。

そうするとそのウナギ屋は大変繁盛したそうで、その後ほかのウナギ屋も

マネをするようになり、土用の丑の日にウナギを食べることが定着したそうです。


夏は受験の天王山と言われる程、受験生にとって大事な時期です。

夏の暑さに負けないよう、受験生の皆さんもウナギを食べて

スタミナをつけて勉強に取り組んではどうでしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, ,

2012年7月14日

東大受験情報(東大合格勉強法) (16:19) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toudai.info/mt/mt-tb.cgi/44

コメントする




« 東京大学オープンキャンパス2012 | ホーム | 平成25年度大学入試センター試験 »

このページの先頭へ

イメージ画像