2012年10月アーカイブ

山中伸弥教授がノーベル医学・生理学賞を受賞

京都大学iPS細胞研究所長である

山中伸弥教授がノーベル医学・生理学賞を受賞されました。

英国ケンブリッジ大学のジョン・ガードン教授との同時受賞です。


山中教授が作製したiPS 細胞(人工多能性幹細胞)は

あらゆる細胞に分化する能力とほぼ無限に増殖する能力を

持つ細胞で、「再生治療」や難病疾患の治療を飛躍的に

進歩させる可能性を持っています。


「日の丸の支援がなければ、受賞できなかった。日本という国が

受賞した賞だと感じています。『感謝』という言葉しかありません。

80歳を超えた母に報告できたことが本当によかった。」

と京大で開かれた会見で喜びと感謝の気持ちを何度も述べて

おられました。

謙虚な方ですね。


1日でも早くその研究成果が実際の医療現場で役立つよう

これからも研究に打ち込んで頂きたいですね。

タグ

, , ,

2012年10月11日

東大受験情報(東大合格勉強法) (15:46) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

このページの先頭へ

イメージ画像